読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Something to live for, great enough to die for.

学部からの直接海外大学院進学奮闘記録。(LSE開発学2017年入学)

LSE@第一志望合格!!

アプライ LSE

先々週から先週くらいにかけてニューヨークに行っていたんですが、滞在最終日前夜、やっとフリーに観光できる1日が来るぞぉおおと祭り前夜のテンションな時に、それでも(寝る前にチェックをするのがもはや染み付いた習慣だったので)LSE for You (というアカウントでアプリケーションの追跡をするのです) にアクセスして見たら。

 

ん?なんかいつもと画面違うぞ?

これは....

うぉおおおおお受かったぁああああ(発狂)

 

という、なんとも記憶に残る合格を知った瞬間となりました。笑

LSEは第一志望だったので、進学先はLSE (MSc Development Studies) で確定です!

アプリケ完了の通知を受け取ったのが12/14で、合格通知が2/4だったので地味にかかりましたね...。

 

LSEは一つ前のSOASの記事で書きましたがロンドン大学群の1つで、社会科学分野で有名な大学です。(ちなみに真っ赤でスタイリッシュなロゴが印象的ですが、個人的にはフェビアン協会が設立したってことと関係あるのかな...とか思ってます。笑)

色々いわれてる有名な大学ですが、私としては大学で国際関係学の方でついていた先生がLSE出身で、その授業スタイルがどうもLSEのスタイルそのまんまらしいという話もきき、こういう学びをもっとしたい!!って思ったのが、LSEで学びたいって思った最初のきっかけです。

あんまりLSEに行った先輩というのは周りにいないんですが、伝え聞く話によればどうもスパルタカリキュラムでLSEは有名らしいのでまぁ......1年修行して来る覚悟でいます。笑

でも人生でそんなに気合い入れて好きなこと学べる機会って無いと思うので、本当にいい機会ですよね!基本自分はポジティブ人間なので思いっきり楽しんでやってこようと思ってます!

 

さーて。

そして進学先が決まったら決まったで、やることいっぱいなんですよね!

進学先確定後の準備プロセスについてはまた記事を改めて今後整理していこうと思います。

ぼちぼち周りの海外院進組も進学先が確定していて、いよいよって感じです!!