LSEで開発学を学ぶ

学部からの直接海外大学院進学奮闘記録。(LSE開発学2017年入学)

お得に過ごすお金の話(学生特典等)

色んな学生特典がちまちまあったりするので、自分の整理も兼ねてまとめてみます!

*随時更新

 

*DIG IN.

www.diginbox.com

入寮すると「DIG IN.」と書かれたオレンジの箱が机に置いてあります。お菓子とかSIMカード (そうSIMが入ってるのです!giffgaffってやつです。)、membership numberが書かれたカードが入ってます。全ての寮でそうなのかはちょっとわからないのですが、Sanctuary Student管轄の寮だとあるのかな?

SIMについては私は入寮前に自分で契約をしているので、DIG INのは使ってません。SIM比較についてはまた別の記事でまとめたいと思います。

DIG INのメンバーシップナンバーをサイトにアクセスしてactivateすると、色々学生特典のサービスが使えるようになるっぽいです。外食が安くなる「taste card」の3ヶ月トライアル、NOW TVの30日トライアル、deliverooのクーポン (Uberfoodみたいなやつ?)、Missguided(ファッションオンラインストア)のクーポンなどが入ってます!

とりあえず私はamazon prime studentに申し込みました(でも登録に必要なのはイギリスの大学のメールアカウントなので、DIG IN.は関係ないのかも)。寮だとamazon使い放題なのが嬉しいですね!便利。

 

*Student Oyster Card (£20) / Railcard (£30)

Apply for an Oyster photocard | Transport for London

Student Oyster Card自体はデフォルトでは普通のtop up oyster cardです(オンライン申し込み、£20)。

が、これによってTravelcards(公共交通機関なんでも乗り放題カード/1日から1年まで期間は様々)や Bus & Tram Pass season ticketsを「購入する際に30%オフ」になります。

つまりこれ自体が学生割引の効いたOyster Cardではないのですが、「割引券」として購入時に使える、そしてtravelcardを購入する場合についてはその機能を入れ込んでもらえる、というものらしいです。

 

んんんシステム一段階余計じゃありません、、、?

だってこれわざわざ買わせなくても、Travelcardやseason ticket購入時に学生割引を効かせた物を買わせればいいのでは、、、購入プロセスが1段階多い、、、

 

そしてこれとは別に、Railcard (£30) という「それ自体がOff-peak時間帯は1/3割引料金になるカード」もあります。

 

ということは、です。

A. 普通のtop upを使うか

B. 初期費用£20を出して「割引券」を買い、30%割引価格のtravel cardを買うか

C. 初期費用£20を出して「割引券」を買い、30%割引価格のRailcardを買うか

D. Railcardを普通に買うか

のオプションがあるってことですかね。

うーん、どれがお得かの境目が知りたくなりますね。笑

 今度計算してみた結果ものせますね!